「萩の湯」に行って参りました

2017年9月18日。

呼吸が浅い。頭がすっきりしない。

近頃いつもこんな感じだ。血の巡りでも悪いのだろうか。

軽くスクワットや腕立てをして故意に心拍数を上げる。

するとしばらくして私は天啓をさすがった。

「そうだ、お風呂に行こう」

 

リュックに水筒とタオル、着替えを詰める。

目的地は、よっぴーさんが激推ししていたウワサの銭湯。

バスに揺られること数十分。

 

 

さすがったって何だ。

f:id:Hifumix:20170918201708j:plain

てくてく歩く。

 

 

f:id:Hifumix:20170918201715j:plain

名もなき河に直交して橋を渡る。

 

f:id:Hifumix:20170918201721j:plain

む、何だアレは。

f:id:Hifumix:20170918201729j:plain

土日モ夜モ車ノ出入リアリ.車庫タル僕二休ミハナイ.助ケテ.

過労死した車庫のダイイングメッセージのようだ。南無。

 

f:id:Hifumix:20170918201736j:plain

お、あれは・・・・・・!

 

f:id:Hifumix:20170918201741j:plain

ついに見つけた!

これがあの「萩の湯」かぁ・・・・・・。それにしても460円って安!

どれ、ちょっくら冷やかしてやるか!

 

電気風呂・ジェット風呂

電気のピリッとした感じはなかった。

ジェットはジェット以上にジェットだった。たとえるなら飛行機のジェットエンジンか。少なくとも私の知る銭湯のジェットではなかった。背中の皮がめくれそうになるほど凄まじい鬼のような勢いでジェットを放ってくる。

なるべく痛くないお尻と背中の間の辺りに斜め45度になるようにして当てるのがコツだ。誤ってア◯ルに入らないよう慎重に。

 

光マイクロバブル湯

38℃と若干ぬるめの露天風呂。奥手のスペースから青い空と白い雲を覗くことができる。マイクロバブルなので泡は出ててもお湯は透明。

 

炭酸泉風呂

37℃のぬるま湯。体中に小さい泡がびっしりつく。肌を撫でるとシュワシュワして楽しい。

 

高温風呂

42℃と熱めのお湯。この日は柿色の薬湯だった。薬湯は日替わりだから入るたびに新鮮味があってお客さんにとって良いサービスだろうね。

 

水風呂

17℃。ちべたい。手足の指先が痛いほどひゃっこい。三回入った。

 

 

ふらつきそうになる頃合いで風呂場を出た。

体を拭き、着衣を終え、リュックから水筒を取り出す。

中にはキンキンに冷えたフルーツミックスジュースが入っていた。

喉を鳴らしつつその果汁を体内へと送る。

黄金色に輝く液体が渇いたカラダに染み込んでいく。

過言ながら、私は、この瞬間のために生きていきたいと思った。

 

 

さて、銭湯で生まれ変わった私は浅草に行ってみることにした。

 

f:id:Hifumix:20170918201749j:plain

瞳に映る色彩を失った虹

あなたの暮らしに近くて便利

わたしにとっては近くて遠い

7ELEVEn いい気分♫

 

f:id:Hifumix:20170918201754j:plain

わー! 五重塔だー! ・・・・・・でもまぁ騒ぐほどでもないか。

 

f:id:Hifumix:20170918201801j:plain

あぁあああああ!!! 浅草寺・・・・・・じゃない?!

付け替えたのか? わからん。

 

f:id:Hifumix:20170918201805j:plain

柿食えば鐘が鳴るかな?浅草寺

 

腰掛け石に座る。

辺りには観光客が行き交っている。隣には中国語でおしゃべりする老女が二人。

私はヘミングウェイが見ることのなかったであろう景色を眺める。

夏も終わりに差し掛かり、夕暮れは思いの外早く訪れる。

そろそろ帰路に着くとしよう。

腰を上げてうんと伸びをする。

そのとき柄にもなくこんなことを言った。

「さっき見たブロンド外国人、おっぱい大きかったなぁ・・・・・・!」

次の瞬間。

私の体はふわりと宙に浮き上がり――空に弾けて、消えたのだった。

 

Miliが好き!

今までずっと黙ってましたが、

私はMiliが好きです。

 

目覚ましの曲はMiliだし、通勤中にもめっちゃ聴いてます。

私が初めて自分のお金で買ったCDもMiliだったし、

初めて参加したライブもMiliのライブでした。

いやはや。

Miliは簡単に言うと、宇宙創成以来初めて私の心を動かした伝説的音楽ユニットです。

 

 

今回はそんなMiliについてのお話。

 

目次 

  • とりあえず9.8
  • Miliメンバー
  • Miliの魅力
  • ファンアートも充実
  • まとめ
続きを読む

きみであれ

f:id:Hifumix:20170906232532p:plain

 

やさしさとか

きくばりだとか

そういうのおいといて

 

わたしはそのままのきみでいたい

 

うらみつらみも 

かなしみくるしみだって

きみがもっと味わいたいと誰かが言うんだ

 

f:id:Hifumix:20170906233636p:plain  

「局所的に分布するわたし的存在の蓋然性」

 

「居場所をもとめたきみに呼ばれる」

 

f:id:Hifumix:20170906234241p:plain

 

無感動を垂れ流しながら通り過ぎていく人々

 

わたしもその中のひとつとして過ぎていく命なんだろうか

 

「漫然と景色が瞳の枠に収まって」

 

「あふれ出そうになるボールを留めておくのに必死なのだ」

 

「時が弾丸のようにきみの体を貫こうとする」

 

そういえば・・・・・・「    」いや、忘れた

 

f:id:Hifumix:20170907074948p:plain

 

(雨粒でできた王冠をかぶりたい)

 

「袖をまくれば季節の変わり目」

 

(周りはすこしずつ足が速いかその逆で)

 

「その差はすくすくと育っていく」

 

 

f:id:Hifumix:20170812222223p:plain

 

また来る明日が嫌になる

そんな今日を感じている自分さえ嫌になる

 

「今走る」

「ずれを  ずれをどうにかせねばと」

「歩道の横を無心な車が」

 

田んぼの生き物の鳴き声が、うるさいくらいに生命的だ

 

わたしもそんなふうになりたい

そんなふうにありたい

 

この瞬間にわたしはきみであろうとしたい

 

≪二人の間で世界が曖昧に色付いていく≫

 

「どうか永劫にこのままで」

 

「                      」 

 

 

f:id:Hifumix:20170907210844p:plain

 

 

憧れも 思い出も

みんな糸遊みたく漂って見える

((先なんて知るものか))

 

さあ、わたしよわたし わたしさん

 

 

世界で一番 わたしらしく

 

他の誰より きみであれ

メガネのサバゲー初心者におすすめのマスクを紹介する

前回の記事に引き続きサバゲーのお話。

 

www.1-zon.com

 

今回は装備品の中でも特に重要なアイテム「マスク」について。

  • この記事を読むべき人
  • 商品紹介
  • 実物レポ
    • 内容
    • 組み付け方
  • 実際に装着してプレイしてみた結果
    • デメリット
  • まとめ
続きを読む

サバゲー始めました

f:id:Hifumix:20170903161641p:plain

最近サバゲーやってみたんすよ。

 

したらね、これが結構楽しくて。

普段インドアの自分からすれば

「は? サバゲー? そんなのコスプレ好きな厨二病ミリオタがやるもんでしょ?」

みたいな偏見があったんですけどね。

 

実際やってみると全然ちがってた。俺、間違えてたよ。

 

サバゲー楽しい

初めて参加したフィールドはコンテナやら瓦やらで障害物が作られたコンクリート地面の倉庫でした。

 

www.f2plant.com

 

集まった参加者の中で初心者は4〜5人。それ以外は軍服着てたり、おしゃれなミリタリーファッションしてたり、SWAT部隊みたいな集団がいたりと普段見られないような服装の人も。

 

会場案内とルール説明を受けた後にすぐゲーム開始。

夏の日差しで熱せられたコンクリートに膝をつきながら銃を構えて。

敵を探してちらっと顔を出すと顔のすぐ横をピュンって弾が飛んできて。

跳弾に当たってもヒットにカウントするから背後の障害物との距離にも気を遣うし。

そして何より、敵と対峙した瞬間。

互いに銃口を向け合って引き金を引く。

相手の弾道が顔の横をかすめていき、さっと身を隠す。すると敵の敗北を示す「ヒット―!」の掛け声。

快感。

 

ゲーム時間15分があっという間に過ぎていく。

何なら休憩時間5分もあっという間に過ぎる。

ゲーム形式はいろいろ。

ヒットしても復活できたり、敵チームを全滅させるまで続けたり、大将戦だったり。

 ので、飽きは来ない。もちろん疲れはするけどね。

 

初めて参加したフィールドの料金は5000円だった。相場もだいたいそんなもん。

貧乏性の自分としては痛い出費だけど数ヶ月に一度の娯楽だと思って割り切ってる。

 

ゾンビ行為、ダメ絶対

ヒットしたのに申告せずゲーム続行するプレイヤーがたまにいる。これを「ゾンビ」と呼ぶ。

基本的に弾の当たり判定は自分で行うのでそういう輩も出てくるわけだ。

当然反則なのでくれぐれもゾンビ行為はしないように。

サバゲーは紳士のスポーツなのです。

 

あ、念のため言っておくと跳弾に当たってもヒットになるからね?

後ろに壁とか障害物あるときは注意! 

 

まとめ

  • サバゲーはインドア派でも楽しめるかも
  • 金に余裕があるやつは一度体験してみれ
  • 弾当たると痛いよ

てくてく歩く

僕はてくてく歩く
ゆびさきから灰色が滲んで広がってく
突き放せない言葉が口をついて出てく
 
君はてくてく歩く
帰る場所はあまりにも少なく仕方なく寄り道をしてく
キャンバスの下地を塗ってく
 
あの人はてくてく歩く
寂しそうに木枯らしがコートの裾を捲ってく
だんだんと人は植物になってく
動物は人間化してく
 
それはてくてく歩く
この星に生まれて良かった的な思想が熱を帯びてく
部屋中に電気が走ってく
 
てくてく歩く
てくてく歩く
 
タオルが水を吸ってくみたいに時を駆けてく
人間未満の不自然さで以て混沌を体現してく
 
悲喜交交にてくてくと
健やかなる日も病める日も
 
僕らはてくてく
歩いてく

 

 f:id:Hifumix:20170825202839p:plain

 

黒のライダーの次回予告【Fate/Apocrypha】2〜12話まとめ

f:id:Hifumix:20170801233038p:plain

どうも、ヒフミです。
みなさん、アポクリファ見てますか? ちゃんと次回予告まで見ていますか?
予告も含めて楽しいアニメですからね! チェックしないと損ですよ。


あ、でもNetflixで見てる人は見れないんだって?

次回予告の存在さえ知らなかったりして。*1

 

ドンマイ! お疲れ!

そうじゃなくて。 

そんなもったいないをなくすためにも次回予告をまとめました。

 

さて、前置きは短い方がヨヨイノヨイってことで、
早速拙速行ってみよう!

f:id:Hifumix:20170801233154p:plain

*1:僕はYoutubeで知りました。テレビ版では流れているのか知らん

続きを読む